川崎スカイフロント(キング スカイフロント) i-Newsletter

川崎スカイフロント(キング スカイフロント) i-Newsletter

ニュース&イベント

2014.09.22

米国医学雑誌「Neurology」に、急性期の脊髄損傷患者に対する医療用HALの医学的治療効果の論文が採択

米国のNASS(北米脊椎脊髄病学会)が発行する脊髄病学で最も権威のある学術誌「The Spine Journal」での論文採択に続いて(※)、製品の医療用HALによる機能改善治療に関して、ドイツBergmannsheil大学病院によって急性期の脊髄損傷患者に対する医学的効果を示した論文が、米国の著名な神経学会誌「Neurology」に採択され、フルテキストとともに映像も公開されています。

1)論文タイトル(参考訳):
Locomotion training using voluntary driven exoskeleton (HAL) in acute incomplete SCI
急性期の脊髄損傷(不完全損傷)のHALを使ったロコモーショントレーニング

 2)論文著者 :
Oliver Cruciger, MD,
Martin Tegenthoff, MD,
Peter Schwenkreis, MD,
Thomas A. Schildhauer, MD
Mirko Aach, MD

3)論文要約(当社抄訳):
外傷性脊髄損傷の患者(34歳男性)に損傷後77日目にHALを使用したロコモーショントレーニングを開始。
12週間のロコモーショントレーニングの結果、運動機能と歩行能力が改善。

ジャーナルリンク
http://www.neurology.org/content/83/5/474.full

参考映像
http://www.neurology.org/content/suppl/2014/07/26/83.5.474.DC1/Video_e-1.mp4
http://www.neurology.org/content/suppl/2014/07/26/83.5.474.DC1/Video_e-2.mp4

(※)「The Spine Journal」での論文
Voluntary driven exoskeleton as a new tool for rehabilitation in chronic spinal cord injury: a pilot study
http://www.thespinejournalonline.com/article/S1529-9430(14)00350-7/abstract

2014.09.22_news